地域の変わったしきたり

地域レポート : 隠岐の島「子授けの儀」

色々なしきたり(風習)を知りたくて調べていると、
こんなサイトを見つけました!

<<日本の島の驚きの文化まとめ>>

日本にある島に関するサイトなんですが、実に興味深いです!

島のしきたり(風習)で思い出すのは
隠岐の島の結婚式でのしきたりです。

これは、私の友人の結婚式の時に知ったしきたりです。
私の友人の旦那様が、隠岐の島出身の方で
(それまでは知りませんでした)
親戚の方が、どうしても隠岐の島のしきたり(風習)にのっとて式を
行いたいとのことで、私の友人(新婦)も了承したそうです。

「子授けの儀」というもでした。(孫だきとも言うそうです)
披露宴も終わりに差し掛かったころ、新婦のお母さんが照れくさそうに
会場をウロウロとし始めたのです。
何かなっと思ってよく見ると、お母さんの腕の中に人形らしきものが…

そうです、子授けの儀とは披露宴ので、
新婦の母親が赤ちゃんの人形を抱き
会場内を踊りながらまわって、最後に新郎の親に渡すというものでした。

その時は、会場内がワァっと盛り上がりみんなが笑顔になりました。
最初は照れていた、新婦のお母さんも楽しくなっていたようでした。
地元の隠岐の島では、ご近所さんが集まり盛り上がるそうです。

私の地元には、結婚式にまつわるしきたりはありませんが
こんなに楽しいしきたりなら、
自分の結婚式でもやってみたいと思いました!





2014 © 地域の変わったしきたり ALL RIGHTS RESERVED.